田舎暮らし物件はなぜ千葉が多い?理由と地方移住の方法や魅力を紹介

こんにちはTakuです。 

 

現在僕は地方移住を果たし、
田舎暮らしをしています。

自然の中で4人の子育てをするのは
教育のためにもいいかなと思い
田舎暮らしを決断したわけなのですが、 

 

田舎暮らしについて色々調べていると
千葉の物件に関する情報が多いというか
物件が多いのもありますが、多くの人が
千葉県あたりで田舎暮らしの物件を
検索していることがわかりました。 

 

今回はその理由や、地方移住の方法や魅力などに
ついて紹介しようと思います。 

 

なぜ田舎暮らしの物件は千葉が多いのか

 

僕が色々と田舎暮らしの情報をPCで検索していると
やたら千葉県の物件検索需要が多いことに気がつきました。 

 

なんで検索需要が多いことわかんの?
って思う方もいるかもしれませんが、
職業柄、そういったことを調べるスキルが
あるので、ポチポチと調べたんです。
一応その手段もお伝えしておきますね。

 

ここは興味のない方は読み飛ばしてくださいね。

taku

 

 

それはともかく、今回調べてみると
千葉県の房総半島あたりの田舎暮らし
地方移住者が多く、物件も充実していたことが
わかったのですが、その理由を一言で
結論づけると
 

 

質の高い充実した情報源があるから

 

これにつきますね。

 

良い情報は人の流れも創り出す

千葉県の房総半島付近の古民家物件を
紹介している素晴らしいサイトを見つけました。 

 

それがこちらのサイトです。↓ 

 

田舎暮らし千葉房総ねっと!

 

https://bousou.net/

僕自身は別に房総半島で田舎暮らしをしている訳では
ありませんが、このサイトをみたら、田舎暮らしの
ヒントがすごくたくさんありますし、

何より興味深い物件がたくさんあるので、
これから田舎暮らしを考えており、
場所が決まっていないという方は、
「房総半島」の移住なども考えてみると
いいかもしれませんね!

 

気候や立地条件もすばらしい

調べた範囲ですと、千葉の房総半島は
都心などに比べて気候も過ごしやすくて、
都心と比べて気温が1-2度違うそうですね。

夏は涼しく冬は暖かいので交通費もやすくなるし
自然が豊かで電柱も少ないビルもないし、空が近いので
夜の星空がとっても綺麗だそうですよ。 

 

そして驚いたのは、車庫証明の必要もないんだとか。笑
最近田舎へ引越し後、自分で車庫証明を申請した時の面倒な手続き
がいらないなんてと個人的には目からうろこでしたね。 

 

自然の恵みをたくさん味わうことができるのと同時に、
人が少なく寂しいので自然に近所づきあいが始まり
仲良くなれる、人との交流を楽しむことができることなども
良い点として挙げられていました。 

 

確かに!僕は関西人なのですが、もし都心近くに住んでいて
サラーリンマンをして疲れ切った時に田舎暮らしの場所を
探していたら、房総半島に目をつけたかもしれません! 

 

taku

確かに、2018年に房総半島で民泊を利用した時は、海の眺めも最高だったな!

 

地方移住の方法と魅力

地方移住の方法

地方移住したい方は、
とにかく、まず有益な「情報」をゲットすることからですね。

 

そしてその情報を元に、なんども繰り返し
現地を視察したり、その地に詳しい方々から
「生」の声をきくことが一番確かですね。 

 

もちろん、上記に案内した房総ねっとなどの
媒体を使って物件を探す場合は
もちろんのこと「不動産売買」になりますから
それらの気に入った物件を買うための
「資金」が必要
にもなりますね。 

 

ただ、都心で同じくらいの大きさの土地や建物を
買おうと思ったら、何倍もの予算がかかりますから、
そういった意味では低コスト且つ自由度の高い
暮らしができるのも地方移住の魅力ではないでしょうか。 

 

田舎暮らしの魅力

僕が感じる田舎暮らしの魅力とかなり心境的に
近いな〜と思った、移住者インタビューでの
コメントがありましたので、それを引用させていただきます。 

 

人が都会に群れる意味がわからないです。都会で暮らしていると息が詰まり、ストレスで気が狂うのがよくわかります。それでも人と関わっていたいと思うんでしょうね。田舎だとやる事が多すぎて人と関わっているヒマがない(苦笑)

それと東京ではお金の交換でしか刺激を味わえないけど、田舎じゃお金を出さなくても味わえる。まさにプライスレスの幸せ(刺激)を感じます。なのでお金は、あまり価値がないという事に気付きました。

たとえば、薪ストーブ!密集した都会じゃ絶対無理です。古民家で暖を取るのはこれが一番だと思うのですが、近所に家がないからこそ、これだけ煙も出せる。焚火だって思い切り楽しむことができるんです。

あとは庭で食事ができる幸せ!ある日友人を招いて庭で食事をしていた時に、枝豆のさやをどこに捨てたら良いのか友人が迷ってたんですね。それで「どうせ土に帰るんだからその辺にテキトーに捨てて!」と言ったんです。でもなかなか捨てることができない(苦笑)ところが、、思い切って捨てた瞬間に何かが吹っ切れたようで、、、ついに田舎に移住してきましたよ(笑)

こんなお金のかからない、なんでもない日常に刺激や幸せを感じることができるんです。

引用:https://bousou.net/interview/tomohasegawa/

 

そう、それな!
まさにおっしゃる通りです! がはは笑 

 

Takuの地方移住や田舎暮らしについて

 

団塊世代の方々で退職後
セカンドライフとして田舎暮らしを
考えているようなお金がある人の場合は
貯金を田舎暮らしのための軍資金として
不動産を買ったり、生活費を捻出したり
することができますが、 

 

僕のように、30代でありながら
田舎移住を決行したような人間
にとっては
田舎暮らしと「収入源」は死活問題になります。 

 

千葉の房総半島あたりであれば、立地としては
車や電車や船で都心までの交通が非常に便利なため
通勤が不可能な距離ではありません。 

 

ところが、そういった場所でなく
本当に地方に移住して周りに
通勤できるような都会も
就職口もないような20代30代40代
にとっては田舎暮らしが非常に
ハードルの高いように感じるかもしれません。 

 

 

なので、さして軍資金もなく
良い条件で職場への通勤も
不可能にも関わらず田舎暮らしを
始めた僕は、「稼ぐ手段」を身につけて
地方移住をしました。
 

 

それはPC1台で稼ぎながら
インターネット環境さえあれば
どんな場所にいても在宅で仕事をできる
ような
環境を作ってから移住しました。 

 

それについての詳しい記事はこちら↓

 

結論としては、PC1台で稼ぎながら好きな場所で好きな時に
働けるスキルを身に付けることができたことは
本当に人生を変えるほどのものすごい財産でした。 

 

ライフスタイルがそのまま仕事になるスタイルって感じです。:ー) 
どのようにして可能なのか、興味のあるかたは
僕のブログや、メルマガ通信も発行していますので
よければ参考にしてみてくださいね!

 

期間限定で、無料コンテンツも配布しています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください