妻や子どもたちが帰省している時のパパの家での有意義な過ごし方4選

全国のパパ、一年のうちに何回か?妻や子供が実家に帰る時ってありますよね。
そんなときはパパとしては、稀に一人でやりたい放題くつろいだり自分の趣味に没頭したり
独身時代のような自分勝手に楽しく過ごせるとっても貴重な時間です。笑 

 

taku

ただ、それだけでいいの?   ということですね。

 

僕も、ついついだらけてしまうもんですが、 前回の妻や子どもの帰省がいつもより長かったために 食事などの栄養・自己管理を余儀なくされまして、

taku

情けない、、

以下のようなことに取り組んで過ごしたら
いつもよりよい充実した日々を過ごせましたので いくつか紹介させていただきます。

妻や子どもたちが帰省している時のパパの家での有意義な過ごし方4選

1. 連絡はまめにとる

  これは、大事ですね。夫婦間で、 LINEとかで子どもの近況や 写真を送ることもいいですし   うちは、毎晩必ず電話する   ようにしています。 子どもたちがまだ起きていれば、 テレビ電話などで子どもの顔を見るのもいいですよ。   当然ながら、 一緒にいるときだけが家族ではなく、 離れていても家族なので、 共有することはとても大事です。 毎日電話をしなかったら、 2-3日でなんだか疎遠な感じになってしまいます。   普段騒がしいだけに、家にぽつんと一人でいると 結構寂しいもんです。 なので、毎日短くてもいいので、   その日の出来事などを共有し合う   と夫婦間で結構良好な関係を保てますよ。   うちは平均10分〜30分くらいですかね。 長いときは50分くらい話すこともあります。  

2. 友人と会う機会を設ける

  今年の夏は、仕事の都合で 僕が妻の実家に一緒に帰ることができませんでした。   その代わり、お盆の時期に 地元の昔からの友人たちと会う機会ができました。 これはとてもよかったです。   普段、仕事以外は、家族と過ごす時間がほとんどですので、 学生時代からの友人に会う機会は減りますよね。   しかし、なんと今年は、 野郎どもだけで8人も一緒に集まれたんです。 いい歳したおっさんたちがガストで夜な夜な5時間トーク。 「ガストーク」と名ずけて、これから機会があればぜひまた持とう! というほどに良い時間でした。   それぞれが、すでに家庭を持ち、 日々仕事に育児に奮闘しているメンバーですから お互いの家庭での悩み、ストレス、葛藤などを 分かち合って、お互いを励ます時間になりました。   男性同士、お父さん同士の共有ってのも大事なんだな   と実感した瞬間でした。 普段仕事仲間だと、話題は仕事のことが多ですからね。 仕事の話を抜きにして、 なんでも話せる友人知人同士の時間を一度設けてみること おすすめです!

3. 自己投資する

  だた、家に一人でいるからといって、 普段ではありえないその貴重な時間を ただ、だらだら過ごすのはあまりにももったいない。   自己投資にぜひ有効活用しましょう!   僕の場合は、副業のためのPCの勉強   に多くを割きました。 休みの日は、カフェに1日こもって勉強しました。 こんな日は学生以来かもっ!   最高でしたっ。   ものすごく集中し、充実した時間を持つことができました。   あとは、珍しく   料理の勉強   もしましたよ。 妻と子どもたちの帰省が今回は長期で一カ月ほどでしたので、 さすがに毎日外食、コンビニというわけにはいかず、   自分で料理をすることにしました。 しかも、どうせ作るなら 毎日うどん、ラーメンではなく、 食材を買って、一週間の献立もプランし、 立派に生き抜いてみせる。 そしてそれを妻に毎日LINEする。 という小さな目標を立てました。   結果、料理って結構楽しいんだな。 という発見もできました。 これからも、趣味に料理を加えることができるよう 自分を高めていければなと思いました。   特に学びたいこともないという方は、 もちろん、ジムなどに行って汗を流し、 運動不足を解消するなどしてリフレッシュするのもいいでしょう。 釣りでもいいかもですね。   自分なりのリフレッシュの時   でありながら、自分を高めるための有効な時間にできればいいですね。

4. 家事を淡々とこなす

  これも、些細なことですが結構大事ですね。 妻や子どもが久しぶりに帰って来て めちゃくちゃ散らかっている部屋を見たら、 妻は「は〜っ」ってげんなりでしょうし、 帰ってくる直前にだけ急いで片付けるってのも あんまり気持ちのいいもんでもないし、大変です。   毎日少しづつ片付けるだけで、 子どもがいる時の家より断然片付きます。 そして、   一度片付けたら、そう散らからないんです。笑   感動です! 子どもがいると、片付けている側から散らかっていくので、 一人の時は、意識して片付けを早めに終わらして、 あとは、快適に一人暮らしを満喫しましょう。   奥さんがいないと何もできんという旦那は   自己管理ができない人です。私生活で自己管理ができない人は、   仕事でも、将来設計においても 高い水準で自己管理ができない といえるのではないでしょうか。  

まとめ

  以上、妻と子どもたちが帰省している時の過ごし方として、  

  1. 連絡をまめにとる
  2. 友人と会う機会を設ける
  3. 自己投資をする
  4. 家事を淡々とこなす

  をあげさせてもらいました。 そのほかにもきっとよいアイデアがあると思うのですが、 みなさん自分なりの充実した「単身ライフ」を 有効に活用してみてくださいね。   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください