子供の写真の整理を上手にデータ管理する3つの方法|田舎起業家パパTaku式

こんにちは。田舎起業家パパTakuです。
PC1台で副業から始めて、副業収入が
本業を上回ったので、退職し独立起業
して
現在は田舎で暮らしながら4人の子供を
育ててています。

 

子育てをしていると、子供の写真をたくさん撮るのですが、
正直そのデータが年数を重ねると膨大になるため、
どのように整理すれば良いのかわからなくなってしまいます
よね。 

 

今回はそんな子供の大切な写真を上手に管理するための
僕なりの方法
を紹介していこうと思います。 

 

子供の写真の整理を上手にデータ管理する3つの方法

デジカメとスマホを使い分ける

 

  何気なく、皆さんがしていることかもしれませんが、 何も意識なく、その場で持っている媒体を通して 写真を撮るのもいいのですが、 できれば、少し意識して使い分けると便利です。   たとえば、SNSなどに子どもの写真を アップすることの多い方などは、 スマホの方が便利ですね。   一方で、写真をphotoshopなどで 後から加工したりする予定がある人は、 どちらかというとデジカメでとった方が好ましいです。   なぜかというと、以下のような理由があげられます。  

 

スマホのメリット
  • いつでも持ち歩いている可能性がある
  • すぐにでも手頃にSNSで画像や動画アップしたり、送信できる

 

 

などがあげられます。 上手にできている方もおられるかもしれませんが、
僕の場合はスマホ写真は、閲覧目的でスマホの中だけで完結してしまうことが多いです。
それに対して、

デジカメのメリット
  • PCやHDDへの同期がスムーズ
  • 大量のデータの移行を可能にする

 

デジカメのデメリット
  • いつも持ち歩いているわけではない
  • SNSやメールで写真を送るためにはPCに同期させる手間がいる

といった具合でしょうか。

お分かりのように、携帯もデジカメも一長一短ですね。
つまり、場合によって使い分けが必要になるということですね。
写真を撮る前から、  
「この写真は◯◯用に使おう」と考えながら、
用途に応じて携帯とデジカメを使い分けると ユーザビリティーが向上します。

 

写真管理ソフトとHDDの連携をスムーズに

最近は、PCをお使いの場合はすでに 写真管理ソフトが導入されていることがほとんどですね。
僕はMacユーザーなので「写真」アプリを使っています。
便利なのは、カテゴリーわけしたり、アルバムを作成したり
日にちごとにデータを振り分けて保存してくれていたりなどですね。

 

けれども、PC本体の中に保存していたのでは、すぐにいっぱいになってしまいます。
お使いのPCの写真ソフトとHDDをあらかじめ連携させておいて、
デジカメを繋いだら自動的に写真データが HDDへ移行するように管理するのがベストです。

 

そして加工用などに使用する写真だけを PC本体に保存しておけば便利ですね。
大切な子どもの思い出写真なので、バックアップはしっかりとHDDへ
しておくようにしましょう。 HDDへの同期は、有線だとわずらわしいので、
wifiなどで無線で同期できる環境 を構築できたらさらにユーザビリティがアップしますよ。

 

最新ノウハウ情報

それでも、PCとHDDをいつも同期させるのがそもそも面倒臭いという方は、クラウドプラットフォームに写真データも全部保存するという方法ですね。しかしながら、Macユーザーがデフォルトで使えるソフトといえば、i-cloudになりますが、あれは結構利用容量にすぐ限界が来て、容量を増やすとお金が結構かかるし、一度使い始めたら辞めれなくなります。

そこで僕が愛用しているのは、Dropboxのビジネスプランです。
2TBとか3TBとかプランによってはめちゃくちゃ容量が入るので、写真をどれだけ入れても余裕ですし、クラウドプラットフォームなので、いつでもどこでもネット環境さえ整えば、いつでも閲覧可能です。そして、便利なスマートシンクという機能により、自分で選んだファイルだけPC内にデータとして保管できますし、すぐにワンクリックでクラウド上にデータを移せたりもします。

Dropboxは便利で導入すべきか?ダウンロード方法や使い方を動画で解説

アウトプットする術を身につける

  写真をただ保存するだけでは、もったいないですし、 どこに入れてあったのかがわからなくなってしまい そのまま人目に触れないケースが出てしまう可能性もあります。 なので、良い写真が集まったら、時々   便利なツールでアウトプットする   ことをおすすめします。 僕がしていることは、主に  

  • 年賀状やクリスマスカード、出産報告、チラシの作成
  • フォトブックやカレンダーの作成
  • 動画を編集して思い出ムービー作成

  といった具合になります。  

 

僕は、photoshopを趣味でよく使うため、 良い写真があれば、それを素材に いろいろデザインをするのが大好きです。 photoshopという専門的なデザインツールでなくても、 photoスケープなど無料で加工できるソフトもありますので、 年賀状などの作成に用いてみてはいかがでしょうか  

フォトブックやカレンダーの作成

  実は、最近はわざわざフォロアルバムの中に 自分で写真をセットしなくても、 ネット上で簡単にフォトブックを作成できる 便利なお店もありますので、それを活用すれば本当に楽です。   僕は、気に入った写真を 12枚季節に合わせてピックアップし、 毎年、卓上カレンダーを作成していますし、 60枚ほどの写真をたった500円で 小さなアルバムに作成してくれるネットショップを よく活用しています。  

 

https://tolot.com/

 

プリントされた画質はそれほど綺麗ではありませんが、 記憶の管理、仕事中にほろっと和むツールとしては 十分喜びと楽しみを提供してくれます。   カレンダーもアルバムも同じネットショップです。 よければ、検索して活用してみてくださいね。    

  写真と共に、動画もみなさんよく撮られると思います。 気に入った動画を編集して、一部切り取ったりしながら お気に入りの音楽をつけて、愛する子どもの動画を作成したら、   本当じわ〜って感動しますよ。   僕は、某生命保険会社のCMで流れている BGMをダウンロードして、 自分の子どもの海で走っている動画にくっつけてmovieを流したら、   泣いちゃいました。   思い出って素晴らしいですね。 i-movieなどで比較的簡単に本格的な ムービーが作れちゃいますので Macユーザーの方なんかは参考に作ってみてくださいね。  

 

田舎暮らし起業家パパTakuまとめ

  以上、写真を上手に管理するための方法は、  

 

  1. デジカメと携帯を使い分ける
  2. 写真管理ソフトとHDDをうまく連動させる
  3. アウトプットする術を身につける

 

でした。

ぜひ参考にしていただければと思います。
愛する子どもさんとの最高の思い出を!   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください