行動の質を高めて緊急性よりも重要性の高い仕事を毎日積み重ねて成果につなげよう

こんにちはtakuです。

 

毎日の生活の中で私たちは
いろいろ決断し行動しています。

 

インターネットビジネスにおいて
結果に繋がる日々の行動を
緊急性と重要性で区別して考えることで
驚くほど頭の中を整理して結果にコミットする
仕事をこなすことができるようになります。 

 

 

行動することが大事なのはわかるけど・・・

 

よくいろんな場面で、
「行動する」ことの重要性
が謳われていますが、

 

実際、行動することの大切さについては
みんな周知のことだと思います。
子供でも、大人でも、学生も社会人も
男性も女性も、みんな必ず何かしらの
行動をしているわけですから。 

 

ただ、「行動しましょう」とだけ
いわれても、なんとなく抽象的で
ボヤっとしてしまい、なかなかモチベーション
が続かなかったり、実際に踏み込むまで
いかない場合も多いのではないでしょうか。 

 

実は行動は「質」で考えると
整理しやすくなります。 

 

行動の「質」は主に次の
2種類に分けることができます。 

 

それは「緊急性」と「重要性」です。 

 

自分の行動がこの二つのどちらに当てはまる
のかを常に把握しながら日々を過ごすことで
ビジネスにおいてもしっかりと成果を出す
ことができるための方向付けをすることが
できます。 

 

ただがむしゃらに目の前のことを
思考停止状態で行動しているだけでは
もしその方向性が間違っていては
時間と労力の大きな無駄になってしまいます。 

 

会社員(サラリーマン)やアルバイトや
学生などは会社や学校など、組織(社会)
がある程度の方向を示してくれるので
ある意味がむしゃらに行動しているだけで
自分で結果を出しているような気にもなりますし
実際はそれでやってこれたかもしれませんが

 

インターネットビジネスなどの分野においては
起業家として、自分の行動が自由に決めれる分
責任も伴います。

 

つまり、自分で自分の行動を把握しながら
コントロールする術を身につける必要があります。 

 

人は一般的に緊急性を優先してしまいがち

 

ビジネスにおいて自分の行動を
決める時には緊急性と重要性の二つを
考える必要があります。 

 

自分が今からしようとしている行動は
「緊急性」のある仕事であるのか
それとも何よりも優先するべき
「重要性」の高い仕事(行動)なのか
を常に意識するということですね。 

 

例えば、僕にとってのビジネスに
置ける重要な行動をいうのは、

 

とにかく「記事を更新する(一つ書く)」
ということになります。 

 

また、動画配信を作成したり、
メルマガやサイトのチェックや
コンテンツの作成です。 

 

このような僕にとっての
ネットビジネスの中心的な
作業の合間に、よくあることなのですが、

 

PCを開くと、メールが届いていたり
LINEでメッセージが届いていたり
その時は見なくてもいいニュース配信の
記事を見たり、いつの間にか時間と
集中力がそちらに割かれていることに
気がつくことがあります。

 

たまに電話がかかってきたりとか
面白い動画をついつい見てしまったり
自分の欲しい商品の広告をチェックしてしまったり
・・・。

 

実は油断しているとそういったことが
結構あるあるなんですよね。 

 

実はこれらの事柄は全部、
「緊急性」の高いものになります。 

 

緊急性はあるのですが、
仕事の優先順序からすると
決して上位ではないにも関わらず
そのことに時間を費やすうちに
記事が書けなくなったり、
後回しになったりしてしまうことも
あります。 

 

つまり重要性よりも緊急性を
優先する行動をとってしまっている
ということになります。 

 

このまま、同じようなことを
続けているとどうなるでしょうか。

 

もちろん、自分のビジネスにおいて
サイトのコンテンツ作成はなかなか進まず
時間だけが過ぎてしまい、コンテンツの質を
向上させることができずに、結果を
出すことはできません。

 

ですから、原則としては、
やはりまず重要性の高いものから
しっかりと片付けていく習慣をつける
必要があります。 

 

有名な経営学者であるスティーブン・R・コヴィー
さんのビジネス書「7つの習慣」では
この行動の「緊急性」と「重要性」について
しっかりと把握し行動することがビジネスの
成功に不可欠であると推奨されています。 

 

緊急性のある事柄は私たちの
生活のあらゆる場面に登場します。
その一つ一つの不規則に訪れる
膨大な「緊急性」の事柄に
振り回されることなく、
淡々と「重要性」の高い仕事から
こなしていく習慣をつけましょう。 

 

重要性は長いスパンで考えるとうまくいく

 

確かに日々の生活の中で、
様々な不規則に起こりうる
緊急性の高い事柄をしっかりと
見極めて、重要度の高い
仕事を選んでいくことって
とても難しいですよね。 

 

これは僕の経験からも言えることなのですが、
何か大事な仕事をしているときに、
「夜、ご飯一緒に食べに行かない?」
みたいな友人からの誘いがあったときなんかは
ついつい「あ、今日はまあこの辺で切り上げて
遊んじゃおっかな。」

 

という気になりそうになります。
もちろん友人とご飯を食べに行くことも
家族と外食に行くことも、
何も悪いことはなくて、
むしろ良いことなのですが、

 

でもしょっちゅうそのような
緊急性の高い場面に自分が
流されてしまっては、仕事の
効率としては、少し悪くなるし
それがひどくなってしまっては、
あとあと後悔なんてこともありますよね。 

 

なので、長期的に物事を考えて
仕事で実際に結果が出れば、
インターネットビジネスにおいては
時間的にも金銭的にも後から
いくらでも楽ができるし、
自由も聞きますから、 

 

今この時はしっかりと集中して
仕事をしようという主体的な
判断からくる、自己コントロール
ができるようになることが望ましいですね。 

 

長期的に物事を考えられるようになると
自然と今するべきことが具体的に
わかってくるのでおすすめです。 

 

急に起きてくる緊急性の高い
けれども最優先事項ではない
ような事柄を見極めて判断ができるように
なります。 

重要性と緊急性の特徴と対処法

 

もう少し、緊急性と重要性の違い
というか特徴について触れておきたいと
思います。 

 

重要性の高い事柄の特徴としては、
「あちらから知らせてくれない」
というのがあげられると思います。 

 

特にインターネットビジネスにおいては
自宅で一人でコツコツ作業する量が
圧倒的に多いので、そのペース配分や
するべき作業に関して、誰かが指示を
してくれるわけではありませんし、
会社からのノルマや期限を設けられる
わけでもありません。 

 

基本的に全部自己責任です。 

 

そもそも、全て自分の判断基準で
ビジネスを展開したいと思って
そのような雇われの立場から
起業家を目指したわけですから、
当然と言えば当然ですよね。 

 

僕の場合は、家族と田舎で
ゆっくりと子育てをしながら
自由に暮らすという目標がありますが、
それは、まずその環境を整えて
仕事で成果を出してなんぼの世界です。 

 

もちろん自分にとっての家族の
優先順序はかなり高いですが、
現時点で、それを優先させて
しまいすぎることで仕事をストップ
させてしまっては本末転倒ですよね。

 

家族が大事で一緒に時間を
過ごしたいと思ったからこそ
このビジネスを選んだわけです。
ですからその目的(目標)を
わすれてしまって目の前の感情に
流されては何にもなりません。

 

楽したり、自由な時間を
手にするのは、まず優先順位を
しっかりと守って行動した
後に結果としてついてくること
なんですね。 

 

なので、ある時期までは、このまま
突っ走る必要があります。 

 

だからこそ、自己コントロールが
とても重要になります。
誰もリードしてくれないある意味
孤独な戦いです。 

 

本当に重要度の高いビジネス上の
決断というのはやはり自分自身で
進めて行かなくてはなりません。 

 

一方で、緊急性の高い事柄は、
得てしてあちらの方から積極的に
アプローチ
してきてくれます。
(^_^;)

 

例えば、 

 

  • メール受信
  • LINEメッセージ
  • チャット(skypeコメント)
  • ニュース新着
  • 電話
  • 子供達の催促

などなど、そんなもんあげ出したら
キリがないですね。笑 

 

それを言い訳にして、そちらを
優先し続けて、「あ、今日は仕事が
できなかったけど、仕方がありませんでした。」
と言ったところで、誰も喜んではくれません。

 

自分が困るだけなんですよね。
果ては家族も困ることになります。 

 

なので、目先の緊急性の高いことよりも
自分にとって今重要性の高いことは
なんなのかを常に意識することで、
自分の出せる最善最短の成果が
ネットビジネスにおいて発揮することが
できます。 

 

一人でコツコツ積み重ねて行くネットビジネスの
特質上この優先順位の把握はとても
大切になってきますのでぜひ参考に
してみてくださいね! 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください