ビジョンを実現するためのマインドの作り方①【目的と目標の違い】

こんにちはtakuです。 

 

物事を実現するためにビジョンを持つことが
大事であるということは、ビジネス書などで
よく謳われていることですし、 

 

大人であればそれが大事なことは
重々承知のことですよね。 

 

しかしながら、実は目的と
目標の違いがあまりはっきり
していないために結局何から始めたら良いのか
わからないという方も実はたくさんいるんですよね。 

 

目的と目標は違います。 

 

目的というのは自分がこうしたい。こうなりたいという
Wants です。つまり行動することの動機ですね。 

 

  • 〇〇がしたい
  • 〇〇になりたい
  • 〇〇が欲しい

 

それに対して、目標というのは
To Do(Must)です。 

 

つまり、まず目的(Wants)をはっきりとさせて、
自分の中で腑に落とさない限り、
するべきこと(To Do)も見えてこないということです。

 

ということで順序としては
目標設定をする前に、まず必ずするべきことは
自分の「目的」を今一度
しっかりと確認することです。 

 

目的がすべての行動に
つながっていきます。

 

つまり、目的があるからこそ、
目標を立てることができるということですね。 
目的あってこその目標設定です。 

 

まずは動画講義を受けていただいて、
目的と目標について学んでみてください。

 

目的と目標の違い【ビジョンを実現するための原則】

 

 

 

目的と目標の違いについてある程度
理解が深まりましたでしょうか。 

 

目的(Wants 動機)がなければ
行動は絶対に起こせません。

そもそも目標設定すること
そのものが行動ですから、
自分の目的(Wants)がはっきりしていない
と目標設定すらやりません。 

 

目標設定をしなければ、
当たり前ですが、
具体的な行動に移ることはありません。 

 

サラリーマンや学生いずれにしても
会社や組織の中にいるときに
よく外部要因からのモチベーションで、
つまり人から言われて、無理矢理
目標設定を立てることがあります。 

 

しかしながら、それはその本人の
目的(Wantsや動機)から来たもの
ではないので、単なる見せかけであり、
長続きしません。 

 

人から言われる目標設定は
主体性もWantsもないので
楽しさがありません。 

 

労働意欲や、勉強に
やる気が起きないのは、
人から言われてやっているからです。

 

その人の目的(Wantsや動機)から
その人自身が目標設定することが大事です。 

 

taku

あなたのWantsは何でしょうか。

 

ネットビジネスにあなたのその目的(Wants)を
落とし込んで、目標設定、実践に役立ててみてくださいね。

 

次の動画では目標設定の方法(5つのステップ)
について解説していますので、そちらもセットで
ご覧くださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください