ビジョンを実現するためのマインドの作り方②【目標設定5つのステップ】

こんにちはtakuです。

 

前回の
ビジョンを実現するためのマインドの作り方①
では目的と目標の違いについて
解説しました。 

 

今回は、目標設定の具体的な
5つの方法、ステップについて
わかりやすく解説していきます。 

 

目標設定の5つの方法+α【動画講義】

 

 

 

目標設定の5つの方法【補足】

 

目標設定の5つのステップは

 

  1. なぜ目標設定するのかWants(動機)を確認する【目的】
  2. 目的に沿った正しい目標を設定する
  3. 目標達成に現実味があるかを考える
  4. 目標を数値化する
  5. 期限付きで考える

 

目的というのは、その人のWantsですから
最初はある程度、抽象的でも構わないのですが、
目標設定に関しては具体的に設定することが
求められます。 

 

目標設定が具体的でなければ、
TO DOが明確にならないからです。 

 

そしてこの目標設定を
具体的に設定していくことが
実は難しいんですね。 

 

この5つのステップの中で
最初の項目、あなたの目的(Wants 動機)
を明確にする(あなたの理想の未来を
しっかりと描く)ことで、それ以下の
項目も自然にできるようになります。 

 

「やる理由」さえしっかりとしていれば
目標設定はちゃんと設定できます。 

 

目標設定が具体的になり、
日々のTO DOができれば
あとは実践するだけです。

 

動機がしっかりとしていて、
やるべきことが超具体的なら
そして実践可能だと納得しているなら
そりゃやりますよね。 

 

この5つとあと、プラスαで
実体験として僕が大切だと思う
もう一つのプロセス(項目)については
動画で解説させていただきますね。 

 

takuの最初の目標設定と結果

 

僕の場合、もともと、
自分のWantsが割と
はっきりとありました。 

 

僕のプロフィール(https://takudlc.com/profile
のところでも紹介していますが、

 

退職をして、田舎で暮らしながら
時間とお金に縛られずに
子育てをしながら仕事をしたい。

 

というものでした。 
2019年の春に退職することも
公表していますし、

 

田舎への移住先(住む拠点となる場所)
も決まっています。 

 

そこからのスタートで、
すでにPC1台でできる
仕事しか実現の方法はないと
考えていましたので、
ネットビジネスに出会ってからは、
幸い迷いはありませんでした。 

 

 

ですから、最初は田舎でも食っていけるだけの
収入を稼ぎたい。とりあえず20万円は必要だろう。
というところからのスタートでした。 

 

taku

本当にできるのかな。。

 

と思いつつ、まだ移住までに
時間もすこしあるので、
とにかくやってみようと
がむしゃらにやりました。 

 

 

ネットビジネスを初めてからの
最初の数ヶ月の実績に関しては
プロフィール欄に詳しく
載せています。 

 

takuのプロフィール

 

半年続けた結果、

taku

あれっ、本当にできた!
まじか!やった!

 

と充実感を味わいました。 

 

しかし人間達成すると
さらに高みを目指したくなりますよね。笑 

 

田舎で暮らしながら
時間とお金に縛られずに
子育てをしながら仕事をしたい。

 

という目的(Wants と動機)が更新されました。笑

 

田舎で暮らしながらのんびり
時間とお金に縛られずに自由に
子育てをしながら仕事をし、
家族で世界を旅したい。

 

(違いわかります?笑)

 

これまでは、生計を立てて食っていくための
手段として仕事を考えていたのですが、
この辺から、仕事の捉え方が変わりました。 

 

仕事 = ライフスタイル
(やりたいことをやりたいときに)
にしていくという目的(Wants)です。 

 

なので、とりあえず2019年春、
移住の時期に月収100万円
達成という具体的目標設定を立てました。 

 

それが今後どうなるのか、
随時経過などは別途
報告していくことにします! 

 

要するに、目的(Wants、動機)さえ
はっきりしていれば、より具体的な
目標設定を立てることができ、
そのために何をするべきかが明確
になるということですね!

 

そして目的(軸)をもって
目標設定を実践していくならば
必ずそれは蓄積となり、ペースは人それぞれでも
必ず道が開ける時はやってくるんです。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください