小さな選択を大切にし、自分の決断に言い訳をしないマインドを身につけよう

こんにちはtakuです。

 

人生は選択の連続であると言われますが、
人は意識しているしていないに関わらず
ものすごい量の決断を下しながら日々生活
しています。 

 

今回はその選択(決断)のあるべき
形というものを掘り下げて考えて
いきましょう。

 

 

人生は小さな決断の連続

 

よく「人生は選択の連続だ」なんて
言葉を聞くことがあるのですが、
この名言を深く理解し自分の人生に
適用することができている人は
一体どのくらいいるでしょうか。 

 

僕自身、独立を考えるまで
そのような決断の重要性について
ほとんど意識することはありませんでした。

 

人は実は毎日小さな決断(判断)を
入れると、約1000以上の細かい
決断(判断)をしながら生きている
と言われています。 

 

確かに考えてみると、

  • 朝何時に起きるのか
  • 朝最初に顔を洗うのかトイレに行くのか
  • 朝ごはんは何にするのか
  • 今日着る服は何にするのか
  • 1日の外出の持ち物は何にするのか
  • 何時に家を出るのか
  • 何で移動するのか

 

このように、小さな決断まであげれば、
もうキリがありません。 

 

毎日当たり前のように「習慣化」された
事柄でさえ、このように決断をして
人間は生きているんですよね。 

 

これまでも、今も、これからも
人生を生きている上で
決断をし続けていくことになります。

 

そして、ネットビジネスにおいても
小さな作業の継続、積み重ねという特質上、
このような自分の小さな選択の連続が
結果(成果)を大きく左右することに
なります。 

 

  • 今日は眠いから、記事の更新をやめよう
  • 家事や子育てに時間をさいているのでできなくても仕方がない
  • 本業が忙しいので副業で結果を出すことは難しい

 

できない理由を探すことは簡単ですが、
誰もが通るその「マインドブロック」の壁
に対して、どういう「選択」をするのか
で結果に大きな差が生まれてきます。

今の自分を形作っているのは過去の自分の決断

 

このように、意識しているしていない
に関わらず、実に多くの決断(選択)を
しながら私たちは日々をすごしているのですが、

 

実は「今の自分は、過去の自分の選択がもたらしている結果である
ということが意外に理解できていないことが
多いのではないでしょうか。 

 

僕の身近な話題で言えば、
結婚してから体重が10kg増えたことに
最近気がつきました。 

 

自分では気がつかないうちに
太ったと思っていますが、
その結果を招いたのは

 

  • おいしいと思うものを食べ続けた
  • カロリーを気にしなかった
  • 運動を意識的にしてこなかった
  • 体重を測っていなかった

 

 

という自分の選択(決断)の連続が招いた
結果なんですね。

 

ここで僕が、太ったことを
妻の手料理のせいや自分の加齢のせいに
することもできますが、
結局は体重が増える結果を招く
「選択」に甘んじていたから
なんですよね。 

 

例えば他にも、現在金銭的に
苦しい厳しい生活をしている人が
いて、その理由は「会社」の給料が
低いからと会社側に理由があるかのように
言うこともできるのですが、

 

  • 給料の低い会社を選んだ
  • 買い物をしすぎた
  • 貯金はしない
  • お酒はやめられない
  • お金はあるけど浪費ぐせがある

 

などなど人によっては
条件は様々ですが、その現状を
招いているのは、結局は
自分の選択の結果であって、

 

今抱いている自分の現状に対して
何かしらの「不満」や「不安」
満足できない状況があるとするなら
その結果を招いたのは基本的には
「過去の自分の選択」なんだということを
認める必要があります。 

 

ネットビジネスにおいても、
モチベーションが続かない時や
成果が出ない時に自分がどう
「選択するのか」で
後々成果が変わってくることは
間違いありません。

 

未来を変えていくには自分の決断の方向を変えること

 

しかしながら、過去の自分の選択の積み重ね
によって今の自分があるということは、

 

これからの未来の自分の選択によって
今後の自分の道は切り開くことができる
ということでもあります。 

 

人生の選択に遅すぎることは
ありません。 

 

未来の自分は今日から変えることが
できます。 

 

もしあなたが今の自分の現状に
満足できていないとするなら、
まずこれまでの自分の判断とは
逆の選択をしてみることで
「違った結果」を生み出すことが
できると言えるでしょう。 

 

ビジネスにおいてもそうです。
僕の場合は、今まで「会社員」
として組織の中で働くことが
「安定」だと思っていましたし
その「現状維持」でいいと「選択」
していました。 

 

しかし、自分にとって
「現状維持」を続けていても
やりがいや自分自身に「楽しみ」が
生まれてこない、このままでは
時間だけがすぎてしまう。 

 

自分にとっての一番の生きがいとは何か
を考えた結果、今までの自分とは違う
「逆の選択」をしました。 

 

その結果、インターネットビジネスに
出会い、在宅でも稼げるノウハウを身につけ
雇われではなく、「起業」する
という選択にもつながりました。 

 

もちろん、先のことは誰も
わからないことですが、
決断ができなければ、現状は
何も変わらないことだけは確かです。 

 

現状に満足していないならば、
今までと違う選択をして
一歩踏み出す必要があります。 

 

そして決断というのは
言い方を変えれば、
それ以外のものを捨てる
という選択でもあります。 

 

僕のように田舎で暮らしながら
在宅で子育てをしながら生計を
たてていくと「決断」したなら、
「会社に属する」という
立場を捨てる必要がありました。 

 

独立を選択する時に「安定」は
捨てる(覚悟)必要がありました。 

 

つまり、決断には痛みが伴う
ということですね。 

 

新しい道を選択する上で、
「やらないことを決める勇気」
というものも必要になってきます。 

 

それを避けていては、
自分の現状を変えることはできない
ということですね。 

 

決断できない人と決断できる人との違い

 

決断できない人はなぜそうなるのか
というと理由はシンプルで、

 

一言でいうとそれは「リスクを恐れる
からです。 

 

リスクを恐れる、つまり「失敗したくない
からなんですね。 

 

なぜ現状維持に止まることを選んでしまう
かというと、 

 

決断をすることで、良くも悪くも
「結果」が出てしまうからです。 

 

決断が時には痛みを伴うことも
周知した上で、他を捨てる勇気を持ち
自分で決断することのできる人は
まず特徴として

 

  • 言い訳をしない
  • 人に依存しない

 

ということが挙げられます。

進路にしても、結婚、転職、起業
人生の重要な場面を自分自身で
考え決断したことに
責任を持てる自立心は
成功への近道です。

 

環境にどのように向き合うかは
人それぞれ反応は違うと思いますが、
心当たりのある方は
ぜひ参考にしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください