モチベーションとやる気を維持させるための自己管理方法

こんにちはtakuです。 

 

ネットビジネスというのは、
個人ビジネスであり、一人孤独に
PCに向かってコツコツ作業をこなしていく
という毎日になるので、

 

モチベーション維持が難しく
感じてしまう人もいるかもしれませんね。

 

ネットビジネスは強制力のないビジネスですから
時にやる気もなくなってしまうというのも
当然あり得る話です。 

 

しかし、モチベーションややる気が下がると
作業量が減りますよね。 

 

そして作業量が減るということは
成果が出ないというのも当然
起きてきてしまいます。 

 

ということで、今回は
モチベーションを維持させるためには
一体何が必要なのかということを
説明したいと思います。 

モチベーション維持の方法【動画講義】

 

内部要因と外部要因

 

モチベーションの維持をするために有効なのは
内部要因と外部要因を考えることです。 

 

内部要因

内部要因というのは自分の内側にある
欲求に訴えかけるということです。 

 

例えば、根本的な動機を探り、
「自分は一体なぜこのビジネスをしようとおもったのか」
というポイントをいつも確認することです。 

 

このネットビジネスで月収10万円、
月収100万円稼げるようになったら
何がしたいのかをイメージしてみましょう。 

 

これは自分のなりたい理想の未来を
思い描くというポジティブな想起です。

 

ネガティブ要素のアプローチとしては
逆に「なりたくない自分」を思い描いてみます。 

 

現状維持の場合は自分はどうなのか、
今の自分の状況に満足できているのか
このままの生活が続くということで
本当に自分が納得できる人生設計はできるのか。
などの要素を冷静に考えてみることですね。 

 

外部要因

もう一つのモチベーション維持方法は
外部要因からのアプローチです。

 

雇われてサラリーマンとして働いていたり
学生だったころは、この外部要因によって
モチベーションが良くも悪くも(?)
維持されていたと言えます。 

 

会社の上司から、「いついつまでに、〇〇をよろしく」
などの命令があったり、会社のノルマによって
突き動かされたり、同僚との競争、存在が
自分を突き動かす動力になっていたかもしれません。

 

学生であれば、先生による指示であったり
周りをみて、同級生が頑張っているから
自分も頑張らないとというような
自然に外部的な要因で自分が行動していた
かもしれません。 

 

しかし、ネットビジネスというのは
基本的には個人ビジネスですから、
自分でその辺りのコントロールも
していく必要があります。 

 

そこで、あえて自分からこのような
外部要因を設けるというのも
一つの方法です。 

 

例えば、 

  • メンターのコンサルを受ける
  • コミュニティーに積極的に参加する
  • チャットや掲示板を閲覧(発信)することで接点を持つ

 

などが挙げられます。 

 

そうすることで、視野が狭くなったり
している場合に新しい視点や、有益な情報を
得ることができたり、刺激を得ることで
モチベーションを維持することができるように
なります。 

 

楽しさの要素を取り入れていこう 

 

人間心理として、基本的には
人間というのは「楽しさ」の要素がなければ
物事は長続きしません。 

 

妥協やあきらめでたとえ長続きできたとしても
そこに「幸福感」というものは生まれて
きません。 

 

ビジネスでも同じで、
一人でする日々の仕事の中に
自分が楽しめる要素をたくさん
入れていくようにしましょう。 

 

僕の場合は、いつも家ではなくて
おしゃれなカフェで作業をしたり
作業部屋のインテリアを考えたり
など、自分の気持ちが少しでも前向きになる
外的要素を増やす努力(意識)も
有効になってきます。 

 

まとめ

 

人間である以上、波があったり、
モチベーションややる気にブレが
出ることは当然あるでしょう。 

 

波があるのは当たり前、
でもその時に、その原因や
対処法などを日頃から理解(把握)した
上で、賢くバランスを自分で
コントロールしていきながら

 

内部要因と外部要因をうまく
調整しつつモチベーションを維持
していきましょう。 

 

そうすれば、ネットビジネスにおいて
成功するための強力なエンジンを
積んでいるも同然です。 

 

あとはアクセルを踏んで
成功までの最短ルートを
突っ走っていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください