記事爆発23万PVでサイトがエラー!Xサーバーから転送量超過通達が来た時の対処法

 

こんにちは。takuです。
先日僕の運営しているトレンドアフィリの
サイトが一つのサイトで
アクセスが爆発し、
2日間で約23万PV達成しました。

 

アクセス爆発で喜んでいたら
そのあとに事件が起きました。
Xサーバーからエラー通達
届いたんです!

 

エラーの発端とその後の
対処の経緯を紹介します。

アクセス爆発23万PV越えの感想

 

 

2日間で23万PVを記録した時の
データがこちら↓

 

 

リアルタイムの数字は多い時で
常時こんな感じでした。↓

 


 

一番少ない時でも、リアルタイムで
600PVは超えていたように
思います。 (^_^)

 

芸能人ネタということもあり
少し広告単価も安く
通常よりもRPMが低かったことも
あって、収益はそれほど伸びなかった
のが少し悔しいですが、

 

まあそれでも2日間で7万円くらい
稼いだのでプチボーナスということで、
よしとしましょうっ(^_^)

 

情報発信のサイトの作業に時間を
割いているので、トレンドブログの
記事更新は現在のところ1日に1記事程度
となっているのですが、

 

ある程度サイトのSEOも強くなり、
タイミングがよければ、速報系の
記事でこれだけお小遣いを稼げる
のはかなりお得感がありますね。

 

トレンドアフィリエイトを始めた初期の
頃を考えるととんでもない飛躍です。

 

最初はひと月の収益がわずか1000円程度でした
からね。それが今はこのくらいの記事更新
頻度で、月25万円程度を毎月稼いで
います。(^_^)

 

過去3ヵ月の収益は1サイトでこんな感じ。
副業(1日約1記事)でこの収入は家計が
本当に助かる!笑

 

 

労働収入ではなく、トレンドアフィリエイトが
資産(権利収入)と言われる所以はここに
ありますね。(^_^)

 

労働収入だと働くなったらそこで収入は
ゼロになりますが、アフィリエイトの場合は
作業量が減ってきても収益は上がっていく
ので精神的に本当に楽になりますねっ。

 

近々、もう少し記事数を稼いで
サイトのボリュームを充実化し
他の特化型サイトも安定して来たら
このサイトも手放して放置し、
完全資産化(不労所得)サイトに
しようと考えています。(^_^)

23万PV達成した次の日の出来事

 

ところが・・・!
自分の書いた記事が爆発し
いい気持ちになっていたのもつかの間
次の日に事件が起きました。

 

エックスサーバーから
次のような通達メールが
来て自分のサイトが表示されなく
なってしまったのです!!

 

なんじゃこりゃ〜!!!?

 

状態でしたね。
その時のメールの内容がこれです。↓

 

 

今でこそ、原因が
アクセス爆発によるものだということは
わかったのですが、
最初通知を受け取った時は
なんのことかさっぱりで少し
焦りましたね。

 

だって自分のサイトが表示されない
んですもん。
「え?!まさかペナルティー受けたの?!」
なんてことも頭をよぎりましたが、
グーグルアドセンスからの通達ではなく
サーバーからの連絡だったので、
そこは「そんなはずはないだろう」と
心を落ち着けて調査してみることに。

 

信頼できるメンターに相談したり、
エックスサーバーに問い合わせていく
うちに、どうやらこの23万PVという
アクセス爆発が転送量の大幅超過
(僕の一番安いプランの規定量の約5倍以上)
の原因になっていたようです。。(^_^;)

 

転送量超過でのサイトエラーの対処法

 

通達によると、
記事内のデータ(画像や動画)の
容量を減らすなどの対応を
ご検討くださいとのことでしたが、

 

毎日記事書きに苦労している
方々はわかっていただけると
思いますが、

 

膨大な記事の一つ一つに貼り付けている
画像や動画の容量を軽減する作業なんて
考えただけでもぞっとしますね。

 

そんなことは手間がかかりすぎる上に
ページのユーザビリティやクオリティも
下がってしまいますし、何より作業量が
膨大にかかってしまうため
絶対に避けたいところです。

 

調べてみたところ、考えることのできる
解決策としては以下の3つでした。

 

  1. プランの変更(容量のアップグレード)
  2. CDNサービスを利用する
  3. エックスサーバー上の設定変更

 

 

1と2のプラン変更や外部サービス利用に
関しては、当然有料になってくるため、
僕はどうしてもの場合でなければ
出費は避けたいということで、
三つ目の選択肢をまず選びました。

 

Xサーバー側の設定に関してですが、
それは、「mod_pagespeed設定」機能
導入するという方法です。

 

「mod_pagespeed設定」機能の導入手順

 

手順としては、以下のエックスサーバー
ページよりそのガイドに沿って
手続きを踏んでいきます。↓

https://www.xserver.ne.jp/manual/man_server_mod_pagespeed.php

 

やってみると非常に簡単にできました。

 

 

①自分のサーバーパネルに入り、
②対象ドメインを選択し、
③ホームページカテゴリ内の
「mod_pagespeed設定」をクリック
④設定変更ボタン(ONにする/OFFにする)をクリック
⑤設定完了画面が表示されれば、設定完了

 

 

ただ、注意点としては以下のような
ものが挙げられますので、
確認しながらの作業となるようです。

 

【!】ご注意ください

・「mod_pagespeed設定」機能を有効にすると、最適化処理の影響により、
メモリ使用量やCPU負荷が上昇する場合がございます。

万一、サーバー安定運用に支障がでるレベルのCPU負荷が発生した場合、
個別にご案内を差し上げますので、あらかじめご了承ください。

・「mod_pagespeed設定」機能を有効にすると、Webサイトの表示が崩れるなど、
本来と異なる動作になる場合がまれにございます

例)WordPressのキャッシュモジュール「W3 Total Cache」を導入済みの
サイトでCSSが反映されない、等

ご利用の際は、動作にウェブサイトの表示が問題ないか
  十分にお確かめくださいますよう、ご注意ください。

 

この設定をしたら、
その後エックスサーバーからの知らせは
特にありませんでしたが、自分のサイトは
無事表示されるようになりましたし、

 

現在のところサイトのレイアウトや
その他の不具合も見当たりませんので
問題なく機能しているようですね。

 

以上、もし僕と同じような
エラー通達が来た場合は、
まずこの対処方法を参考に
してみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください