起業

リモートワークのデメリットはあるの?在宅ワークとの違いや田舎起業家の体験

こんにちはtakuです。

最近よく「リモートワーク」という言葉を聞くことが多くなりました。
つまり、本社に通わなくても違う場所でPCや電話で遠隔にビジネスを
展開していくワークスタイルですね。 

 

[say name=” ” img=”https://takudlc.com/wp-content/uploads/2019/07/e17d4b4764cb6419274ec7a9dd1ef5a0-e1563091696966.png”]「リモートワークしてます。」[/say]

 

というだけでなんかかっこいいし、
利便性に優れていそうなイメージですよね。

 

最近は働き方にも非常に多様性が出てきていますし
個人的にかなり興味がありますのでその辺りを調べて、 

 

リモートワークって本当にいいものなのか、そして
デメリットなどはないのかどうか、僕自身田舎暮らしをしながらの
在宅ワーカーなので、違いはあるのかなどを調べて記事にしていきたいと
思います。 

 

そもそも、リモートワークって何?

 

そもそもリモートワークって何なのでしょうか。
リモートって聞くと連想するのが、「リモコン」ですよね。(僕の場合は)

なので「離れていても操作ができる」的な、PCや電話を使って、会社以外の場所で
働く形態のことを指すのかなという印象です。 

 

詳しく定義づけを確認してみましょう。
専門誌によると、「リモートワーク」の定義はこのようになっていました。↓ 

 

リモートワークとは、言葉通りの意味では「遠隔で働くこと」に他なりませんが、イギリスのケンブリッジ辞典では、より細密に「従業員が自宅を主として働き、Eメールや電話を使って企業とコミュニケーションを取る状況」を指すと定義しています。

また、1978年から発刊の歴史をもつロングマンのビジネス辞典では、「従業員が、職場にあるシステムに接続されたコンピューターを使用しながら、自宅から会社のために働く状況」とされています。

【出典】“remote working” from Cambridge Dictionary

 

なるほど、あながち間違いではなく予想どうりの意味でしたね。
しかし、参照元の情報が少し古いような印象を受けますが、
意味するところは今でも同じようです。

 

要は、

企業に所属しながらも、家でPCや電話を使って仕事をする

ということです。 

 

そういえば、数年前僕の妻の実家は四国の徳島県のど田舎なのですが、
そこにある新しくできたレストランにランチに行きました。 

 

 

すると何気なくそこで読んだ雑誌に、

 

徳島県〇〇町で新しいワークスタイルを
実践するベンチャー企業のサテライトオフィスが
立ち上げられました!

 

的な文章で、何やら
敏腕若手社長のような人がインタビューを受けている
写真が掲載されていました。 

[say name=”taku” img=”https://takudlc.com/wp-content/uploads/2018/05/吹き出し用taku_03.jpg” from=”right”]へ〜、こんなへんぴなところにサテライトオフィス?[/say]

[say name=”  妻” img=”https://takudlc.com/wp-content/uploads/2019/07/ea79f603eba92b04c05c17f441c1a021-e1563439990269.png”]今ってそんなことが可能なんやな〜。[/say]

 

って夫婦で話しながら
ふと前を見ると、その雑誌に乗っている敏腕若手社長が
店の人と話をしていました
。笑 

 

社員と一緒にランチを食べに来ていて、そこでついでに
会議をしているという様子でした。 

 

みんな関東の都心から来た、若手社員たちの風貌で
スタイリッシュでおしゃれでカッコいくて、かわいくて
「ふぉ〜、」と羨望の眼差しで見たのを覚えています 笑

 

まさが、その時は自分がPC1台で田舎で暮らしながら仕事を
することになるなんて思ってもいませんでしたが。笑 

 

とにかく、東京の企業が四国の徳島県のものすごい田舎に来て
オフィスを立ち上げる意味がその当時はわかりませんでした。 

 

今思えば、それって「リモートワーク」の一つの形だったんでしょうね。
その会社について雑誌を読み込んだり、詳しくネットで調べたりすると、
東京には本社がありつつも、若い社員がプライベートのサーフィンや
釣りや田舎暮らしをしながらも仕事ができつつ、地方創生をスローガンに
活躍する新しいワークスタイルが増え始めているんだそうです。 

 

その会社は、空き家になっていた銭湯を改築して
とってもおしゃれな古民家オフィスに仕上げていました。 

 

ちなみにその会社はこれです。

【株式会社あわえ】

 

[say name=”taku” img=”https://takudlc.com/wp-content/uploads/2018/06/吹き出し用taku(嬉し顔)_03.png”]かっこええ〜。ええ感じ〜!! [/say]

 

なんか、近未来的?近代的でほんとかっこいいですよね。

 

「リモートワーク」「サテライトオフィス」「地方創生」なんて聞くと
ミーハーなイメージで、「とにかくなんかかっこいい・・。」(おバカな感想)
しか出てこないのですが、どうなのでしょうか。 

 

リモートワークであれば、確かに会社に正社員として所属しているけれど
子供が生まれたり、幼い子供のお世話もあるので、職場になかなか以前のように
出勤しにくいといった主婦などであれば、非常に助かる業務形態ですよね。 

 

自宅で子供をあやしながら、自分の好きな時(?)ペースで
仕事ができる。これができれば本当に助かる働く女性も
多いのではないでしょうか。 

 

企業の目線から見ても、「リモートワーク」は企業コストの削減を
実現できます
よね。 

 

[list class=”li-chevron li-mainbdr main-c-before”] 

  • 備品(デスク、椅子、キャビネット、など)
  • 運営費(光熱費、固定費等)
  • 交通費(人件費)   

[/list]

 

そのほかにも、リモート従業員のストレス減とか通勤時間の減少
健康状態の増強など、考えれば考えるほど
いいことばかりですよね。 

 

[say name=”taku” img=”https://takudlc.com/wp-content/uploads/2018/05/吹き出し用taku_03.jpg” from=”right”]もっと、日本の企業も採用すればいいのに! [/say]

なんて個人的には思ってしまいますが、

このリモートワークにはデメリットはないのでしょうか?

リモートワークにデメリットはあるの?

はい、正直なところ、調べれば調べるほど
リモートワークに関しては「メリット」の方が
多いように個人的には思う
のですが、

 

強いて言うなれば、
日本のビジネス社会にまだまだ浸透していないという
事実が、「リモートワーク」の業種や雇用数
の少なさに影響しているという点がデメリットですね。 

 

つまり日本企業でやはりどこまでも
「古い」固定観念がなくならないんですよね。

これは「副業」に対する理解にも共通します。 

 

[box class=”box28″ title=”こちらの記事も読まれています。”]

[kanren id=”2637″]

[/box]

 

日本企業って、「副業」=マイナスという
イメージが強すぎて、副業はダメだけど、ボランティアならいい。
という謎の価値観があります。 

 

「リモートワーク」にしても、間違った誤解が結構あるようです。↓

[list class=”li-chevron li-mainbdr main-c-before”] 

  • 生産性を低下させる(上司が近くにいないから、直接連絡取れないから)
  • 音信不通になる(顔が見れない=連絡が取れない)
  • データ管理に危険性がある(遠隔で情報のやりとり=危ない)
  • 会議が非効率(オンラインプラットフォームを知らない)
  • 企業の風土や文化の共有が薄れる(これまでの風習)

[/list]

 

実際にある、こういった誤解って

[say name=”taku” img=”https://takudlc.com/wp-content/uploads/2018/06/吹き出し用(汗顔)taku_03.png”] 

本当に古〜っ、だから会社組織って嫌なんだよな〜。日本の教育にしてもそうだよ〜

[/say]

 

なんて独り言をこぼしてしまうんです。すみません。

[box class=”box28″ title=”こんな記事も読まれています”]

[kanren id=”2654″]

[/box]

 

僕は個人的に「リモートワーク」「サテライトオフィス」
大大大賛成派です!! 

 

アメリカでは「リモートワーク」を導入している
企業が30%以上に対し、日本企業では、まだ全体の
10%ほどしか「リモートワーク」が採用されていません。
 

 

職場勤務=全部悪いという訳では決してありませんが、
もっと「リモートワーク」の意義を個人レベルまで
掘り下げて「より豊かなライフスタイル」を実現できるのは
どちらかということを現代の日本のビジネス社会に
訴えたいですね。 

 

もっとリモートワークの職種増やして欲しいですね。:-) 

リモートワークと在宅ワークの違い 

 

けれどももう一歩踏み込んで考えてみたいのが、
「リモートワーク」と「在宅ワーク」との違いですね。 

 

僕の中で、その両者には区別があります
それははっきりしていて、 

 

単純に、「雇われているか」「自営(フリーランス)か」という
認識で区別するようにしています。 
(※個人によってこの理解解釈には差があると思いますが・・)

 

リモートワークの場合は、本社(自分が所属する会社)が
あり、あくまでそこに所属しながらの仕事になりますので、
給料制ということになりますね。 

 

一方で僕が考える「在宅勤務」というのは、
自営業やフリーランスとして、独立起業して生計を
立てている人のことを指しています。

 

ネットビジネスの価値観から行くと

給料制(リモートワーク)は、つまりPCを使って「労働収入」で生きている人の場合であり、
自営型(在宅ワーク)は、つまりPCを使って「権利収入」で生きている人という理解になります。 

 

僕の中では、このリモートワークと在宅勤務は
収入(稼ぐ額)という面でもものすごい差があると考えてます。 

 

田舎起業家Takuの一言  

 

結論を述べると、

 

僕の意見としては
「リモートワーク=素晴らしい
企業はもっと採用すべき。 

 

でもどうせ在宅で仕事をするなら、
絶対に独立してPC1台で
自分で稼いだ方がいい!
と思っています。 

 

 

[box class=”box28″ title=”こんな記事も読まれています”]

[kanren id=”2437″]

[/box]

 

僕は今現在、田舎暮らしをしながら
PC1台で暮らしつつ、4人の子育てを
毎日楽しんでいます。 

 

時間や場所に縛られずに、自分の好きな時に
好きな場所で稼いでいける形は
本当に最高だと感じています。 

 

自宅内で仕事をしたいと思っておられる方が
いらしたら、 

 

まず、

「リモートワーク」(お勤め)か
「在宅勤務」(独立)か

 

自分の目指すゴールを
一度検討されてはいかがでしょうか。 

 

 

[memo title=”MEMO”]

僕は副業から始めて5ヶ月後に月収30万円以上を
コンスタントに稼げるようになりましたが、
個人でネットビジネスを展開し情報発信などの
マーケティングを駆使すれば、それ以上の
月収を大きく稼いで行くことができます。

やがて、そのスキルやできた時間的金銭的自由を
うまく活用しながら「地方移住」ならではの
「地方創生」アイデアも実行に移せるってもんですよね。 

[/memo]

 

自分のライフスタイルを創ることができるようになること。:-)
そのためには、どうせ同じPC1台で仕事するなら、
起業しちゃいましょうよ。というのが僕の主張です。 

 

ライフスタイルをDIY。もっと楽しく、もっとクリエイティブに。

ABOUT ME
TAKU
2019年4月に地方へ移住し、PC1台で起業。田舎で子育てライフスタイルDIY中。地方創生アンバサダーや、国内最大150人規模のビジネスコミュニティ専属コンサルタントを勤める傍、同時に独自コンサル企画も運営中。Webマーケターおよびブログコンサル(アクセスアップ・SEO)。オフィシャルメディアDIY LIFESTYLE CREATION主宰。


 

 

 

 

 

 

家族との時間を増やして田舎で子育てするために副業からPC1台で独立したパパ

 

 

ライフスタイルをDIY。もっと自由に。もっとクリエイティブに 。★

 

はじめまして!当サイトの管理人のTakuです。
僕は現在4人の子供を持つ父親なのですが、
結婚してから仕事ばっかりで、ろくに子供との時間も取れず
週休1日でまとまった休みも年間で3×2回ほど。

 

安い給料で家族とも一緒に過ごす時間もない状態で
働いているのかわからず精神的に無気力になり毎日が憂鬱でした。 

そして、ある時思い切って生活をガラッと変えようと
辞職して家族みんなで田舎へ移住することを決心しました。

 

しかしながら、田舎での暮らしは経済的に苦しくなるであろう
ことも知っていたので、まず副業から始めようと知識ゼロの状態から
ネットビジネスの世界に飛び込みました。

それから、僕は自分のペースで取り組んでいったのですが、
自分が立ち上げたサイトからなんと4ヶ月で10万円を稼げるようになり、
そのまま作業を続けていると、次の月、そのまた次の月と20万円、30万円
副業月収が本業を上回るような状態になり、ついに田舎移住を実現できました。 

 

現在ではアフィリエイトやWEBサイト運営、WEB広告の運用に関する
コンサルティングを行っていますが、

もっと、自由なライフスタイルと時間を共有できる仲間」を増やし、仲間で
ライフスタイルがそのまま仕事になるような生活を広げていきたいと考えています!

 

↓↓

詳しい自己紹介はこちら

 

個人がインターネットビジネスでPC1台で時間や場所の縛りから自由になって
理想とするライフスタイルを手に入れるための、ノウハウや考え方などをメルマガ

で配信中。

 

↓↓