未分類

ワードプレスの投稿画面(ビジュアルエディタ)の基本的な操作方法

こんにちはTakuです。 

今回はワードプレスで記事を投稿する際に
僕が主に使用している、ビジュアルエディタの
コマンド操作の方法を動画で解説します。 

ワードプレスで文字だけ入力して
そのまま「公開」ではいまいち見栄えもよくないので、
動画を参考にいろいろ試してみてくださいね。 

ワードプレスのビジュアルエディタの基本的な操作解説【動画講義】

動画で説明しているそれぞれの操作ボタン(コマンド)さえ使えば
初心者の方でも全く問題なく使うことができます。 

操作を覚えるコツは、動画で説明していることを
そのまま実践して使用しながら色々試していくことですね。
実践し繰り返していれば、自然にできるようになりますので
どんどんチャレンジしていきましょう!

ワードプレスのビジュアルエディタの基本操作動画の補足(見出し)

少し動画の見出し設定の補足をしておきますと、
上の写真にあるように「段落」の設定に関して
少し注意があります。 

このボックスは見出しを選択する場所で、こちらから見出しを作成することができます。ただ、基本的には記事内で手動で見出しをつける場合は、「見出し3」以下を使用するようにしてください。

これはなぜかと言いますと、
お使いのテンプレートにもよりますが、
現在あなたが書いている記事のタイトル自体が
Googleのクローラー(巡回ロボット)に

見出し1(h1)、もしくは見出し2(h2)として
認識される可能性があるからです。 

 

つまり、記事タイトル=見出し1 or  見出し2と思ってもらって大丈夫です。

 

にも関わらず、あなたが記事内で、
見出し2を使うと、場合によっては
その部分が別記事と判断されてしまう
可能性があります。

1つのページに重複コンテンツや
別記事の内容が書かれてしまうと
SEO的にも問題になります。 

もちろんテンプレートによって
違う場合もありますので一概にはいえませんが、
いずれにせよ、記事内の見出しには
見出し3以下で行なった方が安全です。 

 

Simplicityを使用する場合は
見出し3以降を使うとあらかじめ
覚えておきましょう。

まとめ

初心者の方にとっては
なんのこっちゃ?と思われる内容も
あったのかもしれませんが、

とにかく見出しは「見出し3」以降を使用する。

ということだけ覚えておけば大丈夫です。
そして見出し3をさらに小分けに解説したい場合には
見出し4を使用しましょう。 

ABOUT ME
TAKU
2019年4月に地方へ移住し、PC1台で起業。田舎で子育てライフスタイルDIY中。地方創生アンバサダーや、国内最大100人規模のビジネスコミュニティ専属コンサルタントを勤める傍、同時に独自コンサル企画も運営中。Webマーケターおよびブログコンサル(アクセスアップ・SEO)。オフィシャルメディアDIY LIFESTYLE CREATION主宰。

家族との時間を増やして田舎で子育てするために副業からPC1台で独立した在宅パパ。

 

 

ライフスタイルをDIY。もっと自由に。もっとクリエイティブに 。★

 

はじめまして!当サイトの管理人のTakuです。
僕は現在4人の子供を持つ父親なのですが、
結婚してからのリーマン形態では思うように子供との時間も取れず週休1日で長期休みも年間で3×2回ほど。

 

海外などで盛んに取り組まれているオルタナティブ教育などにも興味がありながらも、家族とも一緒に過ごす時間もないそんな状態で、毎日悶々と同じ日々を過ごすことに限界を感じていました。

 

たった一度の人生、やらずに後悔したくない!と一念発起。
独立して家族みんなで田舎へ移住することを決心しました。

 

田舎での暮らしの自営を実現するために、まず副業として、ほぼ知識ゼロの状態からネットビジネスの世界に飛び込みました。

 

それから、僕は自分のペースで取り組んでいったのですが、
自分が立ち上げたサイトから4ヶ月で10万円を稼げるようになり、そのまま作業を続けていると、次の月、そのまた次の月と20万円、30万円と副業月収が本業を上回るような状態になり、地方移住を実現。

 

その後2つ目サイトも3ヶ月で月収30万達成。現在は
アフィリエイトやWEBサイト運営、WEB広告の運用に関する
コンサルティングをしながら緑に囲まれた自宅で、
仕事をしながら暮らしています。

 

これからは「もっと、自由なライフスタイルと時間を共有できる仲間」を増やし、仲間でライフスタイルがそのまま仕事になるような生活を広げていきたいと考えています!

↓↓

詳しい自己紹介はこちら

 

個人がインターネットビジネスでPC1台で時間や場所の縛りから自由になって
理想とするライフスタイルを手に入れるための、ノウハウや考え方などをメルマガ

で配信中。

 

↓↓